enter
2017 /4
■展示会のお知らせ■


松本クラフトフェア2017

http://matsumoto-crafts.com/

場所:あがたの森公園

長野県松本市県3-2102-4

2017年5月27日(土)- 5月28日(日)

27日(土) 11:00-17:00
28日(日)  9:00-17:00

どんな風に場所取りをどんな風に見せたらよいかも分からないまま初めて参加した2008年。
数えると今年で10回目の参加となりました。
靴もフィッティングも、全てがまだまだ未熟だった頃に買って下さった方がいたからこそ、
靴も自分たちも成長出来ました。
靴に興味が無い方も、手作り靴を初めて目にする方も、たくさんの方が履いてくれたことに
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
修理靴は私たちの学びです。
返ってくる靴が少しずつ増えたことは、嬉しさとなっています。

長くお待たせしていることへの解決がなかなか出来ない中、
少しずつでも短く出来たらと試行錯誤しています。
ほんの小さな手順で日々の暮らしの工夫で、短くなるように。


5月のあがたの森は、新緑の木々と春の風に包まれています。
そんな場所でまた皆様に出会えたらと思います。
初めましての方も、履いて下さっている方も、目に一度はして下さった方にも
お会いできたら嬉しい限りです。




履き始めからしなやかで風合いがあったら、きっとあの時の方も、こんな方も革の堅さに
悩まず、心地よく靴を履けるのではないかと、今まで出会った色んな方の顔や足を思い出
して新たな革で靴をつくりました。
プエブロ革の靴です。
数年後、どんなに素敵に革が育つのだろうと想像しただけでわくわくする革です。
ぜひぜひ、見にいらしてください。



オイルスェードの靴


ずっとタンニン鞣しの一枚革の靴をつくってきました。
4年ほど前からオイルスェードの二枚合わせの靴をはじめました。
どこへでも歩いていってほしい。
そして、何よりも長持ちしてほしい。
時と共に愛おしくなり、足に寄り添う靴であってほしい。
そんな思いから、選び抜かれた素材で出来た靴です。

サンプルの靴を見にいらしてください。
靴を見て、履いていき変わる表情を想像してください。

その昔スェードは高級素材ではなかった。
表革に傷があり、使えない革の裏面を表とし使った。
日常の中で丈夫でいて、ほこりを落とす程度のお手入れですむ、日々の靴だった。

そんな風に日々の中で履いてもらえたら、と思っています。


はじめて作った、厚手のタンニン鞣し革の斜め紐の靴、
夏に素足で履ける靴が欲しくて作った、ストラップシューズ、
甲周りをきっちりと絞って履きたくて作った、真ん中紐の靴
この3タイプと共にお待ちしています。

いつも同じ服ばかり着てしまう。
色違いばかりが増えていく。
でもたまには、ほんの少し違うものが着たくなって、
そんな風に真ん中紐が生まれました。

足下が変わると服の印象や気持ちまで変わるのが楽しくて。
その日の気分で選んだ靴を履いて、素敵な一日を過ごしてもらえたら、
嬉しい限りです。
今年もたくさんの出会いがありますように。
2017年も足下にてどうぞ宜しくお願いします。

2017展示会予定 : 2017秋 OUTBOUND (東京都吉祥寺)にて展示


今年はフィールドオブ倉敷に参加しません。少し心にぽっかり穴があく寂しさがありますが、
またみなさまにお会いできることをまた次の年の楽しみにしています。

■ 靴の取り扱い店舗のお知らせ

真ん中紐の靴です。
シンプルだけど、歩き易く素直な靴です。

ギュっと紐を縛って履いて、どこまでも歩いて欲しい靴です。

毎日違うシャツを着るように、今日は真ん中紐の靴を選びたい、
そんな気持ちで履きたくて、欲しくて、つくりました。
Forest shoemaker
http://www.forestshoes.com
Copy right Forest. All rights reserved.