enter
2016 / 5
■クラフトフェアのお知らせ■



今年もクラフトフェアに参加します。
春の風が強い季節ではありますが、
暖かく、心地の良い新緑の時期、どうぞ、お出かけください。


修理靴の受取も致します。
みなさまに会えることを心より楽しみにしています。


混んでいてクラフトフェアでは全然見れないのでは、
と、お聞きするのですが、
そんなこともないのです。
なぜか、人が集まるときが同じなのです。
いつも不思議だなと思っています。

人の流れが変わると、ぽっかりいつも時間が空いています。
ぜひぜひ、お越し下さい。
ぽっかりした時間に、ゆっくり靴を履きにいらしてください。


靴と共に、お待ちしています。


■日 時■



第11回 フィールド オブ クラフト倉敷

2016年5月21日(土)- 22日(日) 2日間(雨天決行)

10:00〜17:00

場所:倉敷市芸文館前広場

(倉敷市中央区1丁目18−1 美観地区より南へ徒歩3分)




クラフトフェアまつもと 2016

2016年5月28日(土)- 29日(日) 2日間(雨天決行)

28日 -11:00〜17:00/29日 -9:00〜17:00

場所:あがたの森公園

(長野県松本市県(あがた)3−1−1)




■日々のこと■


ご無沙汰しています。
すっかり更新に時間を あけてしまいました。


初めての長野の冬。
暦の「大寒」の日、これが大寒なのだと体中で感じました。
立春が待ちどうしかったり、暑さ寒さお彼岸までだよという言葉を
頂いて、お彼岸が待ち通しかったり。
暦を感じながら日々を過ごしています。

古屋のすきま風と、床の寒さに、心も凍りそうでしたが、
春に雪が溶けていくと同時に、心も温かくなりました。

寒すぎて製作も進まなかったのですが、段々といつものペースに戻ってきました。

雪が溶けると、ご近所さんが
「もっとゆっくりしたかったのに、片付けないといけないところが
見えてきて、忙しくなるね」とみなさん声をかけてくれました。

ここに移り住んできて、春の挨拶にほっこりしました。
我が家は、寒い冬をゆっくりとは感じられなかったのですが、
気持ち次第で、凍りついた心と、寒すぎて何も出来ない日はゆっくりしよと、
来年は、そんな風に思いたいなと。



安曇野が隣町なので、旅行の合間に来て下さる方が少しずつ増えてきました。
嬉しい限りです。
旅の途中の心のほっこりした気持ちを、頂いています。






先日、靴を通じて知り会えた女性が、ここに来てくれました。
栃木の工房へも東京から自転車で来てくれた方が、
今度は日本一周の旅の途中に、立ち寄ってくれました。

日本一周を自転車で!なんて素敵な!!
二日間ほどいてくれたのですが、
本当に心地よい時間を過ごさせてもらいました。

誰もがふらっと立ち寄りたくなる場所でありたいです。
いつか、Forestの靴で旅を続ける人が、
足の疲れを休めに来てくれるたらな。と。

そんな場所でいたいです。


今、我が家には、つばめの家族、ヒヨドリの家族、鳩の家族が一緒に住んでいます。
みんな旅だってしまうので、
今のこの大家族の時間を楽しんでいます。







長いお時間をお待ち下さっている みなさま、
いつも本当にありがとうございます。





製作状況のお知らせ



2016年5月 6月製作状況

OUTBOUNDさんにての展示会受注靴製作中


大変長くお待ち下さり本当にありがとうございます。


順次製作中です。


■ 靴の取り扱い店舗のお知らせ

笑う門に福来る。
笑とともにつくった靴を履いて下さった方々に福が訪れますように・・・心を込めて。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。


7年前から、工房を中心に絵を描いてきた年賀状。
今年で7枚目です。
今年は、「忘れたくない風景」をテーマにしました。
扉をあけた時に目に入ってくる空間と景色を忘れたくなくて・・・。


高根沢町を歩いていても、車で走っていても、
色んな風景を目に焼き付けています。

栃木のこの町が大好きです。
真ん中紐の靴です。
シンプルだけど、歩き易く素直な靴です。

ギュっと紐を縛って履いて、どこまでも歩いて欲しい靴です。

毎日違うシャツを着るように、今日は真ん中紐の靴を選びたい、
そんな気持ちで履きたくて、欲しくて、つくりました。
Forest shoemaker
http://www.forestshoes.com
Copy right Forest. All rights reserved.