enter
2016 /9
■展示会のお知らせ■

vokko
滋賀県彦根市柳川町207−1
phone:0749-43-780
8


2016年9月22日(木)〜9月28日(水)

在店日 24日(土)・25日(日)


2年半ぶりのvokkoさんでの展示会です。
琵琶湖のほとりに佇むvokkoさん。
木々の向こうに見える静かな琵琶湖。
湖から吹く風と、心地よい空気が流れるこの場所で
靴と共にお待ちしています。


革はお手入れさえすれば長持ちし、
丁寧に履かれた靴は本底を張り替えていけば、ずっと持つ。
みんながみんな丁寧に履けたらいいのですが、革や本底、素材自身が
少しの手いれで長持ちするそんな靴を作りたくて出来た靴がオイルスェードの靴です。

どこへでも歩いていってほしい。
そして、何よりも長持ちしてほしい。
時と共に愛おしくなり、足に寄り添う靴であってほしい。
そんな思いから、選び抜かれた素材で出来た靴です。

ぜひサンプルの靴を見にいらしてください。
靴を見て、履いていき変わる表情を想像してください。

その昔スェードは高級素材ではなかった。
表革に傷があり、使えない革の裏面を表とし使った。
日常の中で丈夫でいて、ほこりを落とす程度のお手入れですむ、日々の靴だった。

そんな風に日々の中で履いてもらえたら、と思っています。


はじめて作った、厚手のタンニン鞣し革の斜め紐の靴、
夏に素足で履ける靴が欲しくて作った、ストラップシューズ、
甲周りをきっちりと絞って履きたくて作った、真ん中紐の靴
この3タイプと共にお待ちしています。

いつも同じ服ばかり着てしまう。
色違いばかりが増えていく。
でもたまには、ほんの少し違うものが着たくなって、
そんな風に真ん中紐が生まれました。

足下が変わると服の印象や気持ちまで変わるのが楽しくて。
その日の気分で選んだ靴を履いて、素敵な一日を過ごしてもらえたら、
嬉しい限りです。

■ 靴の取り扱い店舗のお知らせ

真ん中紐の靴です。
シンプルだけど、歩き易く素直な靴です。

ギュっと紐を縛って履いて、どこまでも歩いて欲しい靴です。

毎日違うシャツを着るように、今日は真ん中紐の靴を選びたい、
そんな気持ちで履きたくて、欲しくて、つくりました。
Forest shoemaker
http://www.forestshoes.com
Copy right Forest. All rights reserved.